サポート・障害情報

failure-information

Windows10 パスワード保護共有の無効設定

2018年06月21日

Windows Update後、共有フォルダにアクセスすると、ユーザー名・パスワード入力の画面が表示される、またはスキャナ機からスキャンしたデータが送られてこない、という症状が発生した場合は「パスワード保護共有」の設定確認をお願い致します。

「パスワード保護共有」の設定変更は共有フォルダを設定しているPC、スキャンデータを受け取るPCに行っていただく必要があります。

パスワード保護共有の設定

(1)[スタート]—[設定]をクリック

(2)[Windowsの設定]画面内の[ネットワークとインターネット]をクリック

(3)[状態]—[共有オプション]をクリック

(4)[ファイルとプリンターの共有]で[ファイルとプリンターの共有を有効にする]にチェックが入っているか確認

無効になっている場合は、有効にチェックを入れてください。

(5)[すべてのネットワーク]右端の矢印ボタンをクリック

(6)[パスワード保護共有]で[パスワード保護共有を無効にする]にチェック

(7)[変更の保存]をクリック

[変更の保存]をクリックした際に、確認メッセージ等が表示される場合は、[キャンセル]をクリックせずそのまま進めてください。

 

上記の設定を行い、再起動をしても症状が変わらない場合は、再度弊社までお問い合わせください。